注意!! この投稿は4年と10ヶ月くらい前に公開したものです。
そのため正常に動作しないかもしれないので、ご注意ください。

WP-CLI 0.14.0がリリースされてた。

WP-CLI 0.14がリリースされてたので、Version 0.14 released | WP-CLI よりさくっと抄訳。

WordPressのファイルがサブディレクトリにあるときでも自動的に検知するようになった。

いままでは --path= パラメータを使用するか、ルートディレクトリに wp-cli.yml ファイルを作ってWP-CLIに明示する必要があったけど、それが必要なくなった

スーパーユーザー(root)としてWP-CLIコマンドを実行しよとしても、WP-CLIはその実行を拒否するようになった。

例えば、rootとして wp media regenerate を実行しすると当然新しく生成されたサムネイル画像のオーナーはrootになってしまうので、そういったことを防ぐことができる。

--skip-plugins グローバルフラグ

すべての、もしくは特定のプラグインを読み込まないようにする。(訳注: WP-CLIの実行時にプラグインを読み込まないようにするのかな? 原文の説明だけだとよく分からなかった)

大きな変更

wp term create, wp term update, wp term get, wp term delete が他のすべてのタームコマンドと同様に最初のパラメータとしてタクソノミーを受けるようになりました。

他の変更

  • wp post urlwp comment urlwp site url のサブコマンドの追加
  • マルチサイト用の wp theme enablewp theme disable サブコマンドを追加
  • wp term generate サブコマンドを追加
  • wp search-replace--recurse-objects フラグを追加
  • wp core update に --locale フラグを追加
  • wp core download も WordPress アーカイブをキャッシュするようになった
  • すべての wp user サブコマンドでパラメータとして(IDとユーザー名に加えて)ユーザーのメールアドレスを受けれるようになった
  • wp optionwp *-meta サブコマンドでSTDINからの値を読み込めるようになった
  • wp import が複数のファイルを受けられるようになった
  • wp db export が mysqldump で受けられるすべてのパラメータを受けられるようになった
  • wp exportNikolay Bachiyskiによって開発されたより優れたバックエンドを使うようになった (参照 #525)
  • wp plugin サブコマンドに渡されるプラグインスラッグが常に大文字と小文字を区別して扱われるようになった
  • JetPack の有効化を修正
  • マルチサイト用の wp core is-installed を修正
  • wp post generate用の--max_depthパラメータを修正
  • wp user generate用の--roleパラメータを修正
  • wp user import-csvが一つ前のユーザーIDを拾ってしまうことがある問題を修正
  • プログレスバーでの tput の呼び出しが頻繁すぎる問題を修正
  • 多すぎる位置パラメータが渡された場合と未知の連想パラメータが渡された場合に実行を中止するようになった

「WP-CLI 0.14.0がリリースされてた。」への2件のフィードバック

コメントは受け付けていません。