Marekkis Watermark-Plugin

画像に透かしを埋め込む。アップロード時に透かしを自動的に埋め込むようにするには本体ファイルにコードを追加する必要がある。アップロード後に埋め込む場合はその必要は無い。

ダウンロード:Marekkis Watermark » Download

導入:

  1. watermarkフォルダごとプラグインフォルダに入れて有効化
  2. アップロード時に透かしを自動的に埋め込むようにするには、wp-admin/upgrade-functions.phpをエディタで開き、次の箇所を探す
    'post_mime_type' => $type,
    'guid' => $url
    );
    // Save the data
    
  3. MM_Execute_WM($file,'');を次のように追記
    'post_mime_type' => $type,
    'guid' => $url
    );MM_Execute_WM($file,'');// Save the data
    

    注:$fileの次の引用符はシングルクオートが2つです。

  4. (任意)画像ロゴの透かしを入れるには透過背景でstempel.png というpngファイルを作成し、 watermarkディレクトリにそのファイルを入れます。
  5. (任意)お気に入りにフォントを使用するには、そのフォントを /wordpress/wp-content/plugins/watermark/fontsディレクトリにアップロードします

設定:
設定画面は管理画面>設定>にWatermarkとWatermark-Dirの2つあります

Watermark
透かしの位置、色、大きさなどを設定
Watermark-Dir
アップロード済みの画像ファイルに透かしを埋め込みます

0 Comments

Comments are closed.