注意!! この投稿は9年と4ヶ月くらい前に公開したものです。
そのため正常に動作しないかもしれないので、ご注意ください。

WordPress のアップグレードを簡単に: Subversion の巻

SubversionでのアップグレードをInstalling/Updating WordPress with Subversion « WordPress Codexから適当に引用しつつご紹介。ひろまささんのとあわせて読むといいかも。

Subversion が利用できるホスティングサービスは限られると思いますが(私の使ってる Dreamhost は利用できる!)、利用できるのならアップグレードがめちゃ楽になります。

以下、SSH でリモートに接続してコマンドラインでの操作を前提に説明しますが、ローカルで適当な GUI クライアントを使用する場合は適宜置き換えてください。

お品書き

  1. trunkを追っかける
  2. 安定版を追っかける
  3. フツーにインストールした WordPress を Subversion でのインストールに置き換える

1. trunkを追っかける

trunk というのは最新の開発版でコードが日々追加修正されています。これを Subversion でインストールしておけば、後はコマンド「svn up」一発で最新版に追随できるというわけです(ただし安定版ではないのでバグやリグレッションが含まれることが多々あります)。

カレントディレクトリがウェブサイトのルートディレクトリとして、ルート直下の/blog ディレクトリに WordPress を新規にインストールするには次を実行します:

svn co http://svn.automattic.com/wordpress/trunk/ blog

これを実行するとルート直下に「blog」というディレクトリを作成し、そこに trunk のリポジトリから最新の開発版のファイルをコピー(チェックアウト – co もしくは checkout)します。2つ目の引数「blog」を省略するとリポジトリのディレクトリ名「trunk」が使用されます。

ダウンロードが済んだら通常通り WordPress のインストールを実行します。

あとはいつでも好きなときにこのディレクトリで svn up を実行するだけで最新の開発版にアップデートすることができます。

2. 安定版を追っかける

本番で使用する WordPress は安定版のほうがいいでしょう。この安定版も Subversion でファイルをインストールしておけば、その後は svnコマンドで簡単にアップグレードすることができます。カレントディレクトリがウェブサイトのルートディレクトリとして、ルート直下の /blog ディ レクトリに WordPress を新規にインストールするには次を実行します:

svn co http://svn.automattic.com/wordpress/tags/2.0 blog

trunkとの違いはリポジトリの URL で、”2.0″は最新のバージョンナンバーに置き換えてください。このバージョンナンバーはSVNリポジトリの tags セクションで確認することができます。このタグは安定版のリリースと同等で、同一タグ内のコードは基本的に更新されません。したがってこのブログを最新の安定板にアップグレードするには”sw” フラグを使用して新しいバージョンにスイッチ(switch)する必要があります:

cd blog
svn sw http://svn.automattic.com/wordpress/tags/2.1/ .

1行目でWordPressをインストールしたディレクトリに移動し(「blog」は適宜置き換えてください)、2行目で新しいバージョンにスイッチしてます(最後の ドット(.)を忘れずに)。2行目の「2.1」はアップグレードするバージョンナンバーに置き換えてください。これを実行すると、もともとの WordPressのファイルを自分で修正していた場合、そのファイルは上書きされますので気をつけてください。自分で追加したファイル(プラグイン、 テーマ等)は上書きされたり削除されたりすることはありません(でもバックアップは忘れずに!)。

あとはいつもの wp-admin/upgrade.php を実行すればおしまいです。

3. フツーにインストールしたWordPressをSubversionでのインストールに置き換える

もともと Subversion を使用しないでインストールした WordPress を Subversion でのインストールに置き換えるには:

  1. 新しい仮のブログディレクトリ(例:blog-new)に Subversion で WordPress をチェックアウト(svn co
  2. プラグイン、テーマ、画像ファイル、設定ファイルなど、自分で追加修正したカスタムなファイルを古いブログ(例:blog)から新しい仮ディレクトリ(例:blog-new)にコピー
  3. .htaccessファイルも自分で修正している場合は新しい仮ディレクトリにコピー
  4. 古いブログのディレクトリ名を変更(例:blog → blog-old)
  5. 新しい仮ディレクトリ名を古いブログのもとのディレクトリ名に変更(例:blog-new → blog)
  6. 新しいバージョンがリリースされたら「2. 安定板を追っかける」と同じようにをsvn swを実行

****************************************

各バージョンのリポジトリ:

トランク(最新開発版 – 日々コードの追加修正あり)
http://svn.automattic.com/wordpress/trunk/
タグ(正式リリース版と同等 – 「2.3.1」は使用するバージョンに置き換え – コードの追加修正なし)
http://svn.automattic.com/wordpress/tags/2.3.1/
2.0系(2.0系の最新版 – コードの追加修正あり)
http://svn.automattic.com/wordpress/branches/2.0/
2.3系(2.3系(2007年11月現在の安定版)の最新版 – コードの追加修正あり)
http://svn.automattic.com/wordpress/branches/2.3/

“WordPress のアップグレードを簡単に: Subversion の巻” への 6 件のフィードバック

  1. ピンバック: links for 2008-07-09

コメントは受け付けていません。