注意!! この投稿は4年と6ヶ月くらい前に公開したものです。
そのため正常に動作しないかもしれないので、ご注意ください。

WordCamp サンフランシスコ 2013 参加記録、其の壱

WordPress Advent Calendar 2013 全部オレ 7日目のぜったい俺です。

今年の夏、WordCamp サンフランシスコ 2013に行ったんですが、いっしょに行った「取締役」とあとから来た「最高経営責任者」がどうもブログを書きそうにないのでw、記録として残ます。

wcsf2013a

今年のWordCamp サンフランシスコ 2013は 7月の26日、27日、コントリビューターデイが28日でした。せーっかくアメリカまで行くのにこの3日だけだと悲しいので7月20日から28日まで行っ てました。

航空券はJALで福岡-羽田(!)-サンフランシスコ。サーチャージ、諸税諸手数料含めて147,830円。 WordCamp サンフランシスコはだいたいこれまで毎年お盆近くとかゴールデンウィーク近くとかに開催されてて航空券が高くかったので行きづらかったのだけれど、この日程で今年は比較的航空券が安かったかな。

とりあえずゑびすで。
とりあえずゑびすで。

宿はさすがにまともなホテルに1週間近く泊まるとけっこうなお値段になってしまうので、わりと口コミが良かったPacific Tradewinds Backpacker Hostelと いうバックパッカーズに。ドミトリーで一泊US$29.50なり。シャワーが狭かったり受付が4階で階段しかなかったりしたけど、場所も便利なとこで掃除 も行き届いてたしフロントもちょーフレンドリーでけっこうわたしは気に入った。ドミトリーが苦にならない(もしくは好きな)人は泊まってみるといいです よ。ちなみにミックスドミトリーなので男女別の部屋にはなってません(部屋に女の子がいてびっくりしたw)。

わたしはユースとかバックパッカーズは泊まり 慣れてるのでドミトリーはぜんぜん苦にならなくて楽しかったけど、ドミトリー初体験の取締役はどうだったんだろうかw?

着いた初日はチェックインしてすぐにフロントのモヒカンナイスガイのヘンリーにおすすめのパブ(Bar?)をきいて、Vesuvio Cafeへ直行! 確かに歴史を感じさせるパブだったけどいま調べてみたら“ビート詩人”が生まれた場所で、ジャック・ケルアックも来たことのある由緒あるパブらしい!

とりあえずビールをたのみ、お腹がへっていたのでウェイトレスに何か食べるものはないかときいたところ「ナッツくらいしかないわよー」と、、、ということ でしかたなく袋入りのちっちゃなナッツを肴にしてビールを飲んだ_| ̄|○。けど、どうやら食べたい人は食べ物を持ち込んでいいみたいで、あとでちゃんと聞いたら「向かいのピザ屋でピザを買えるわよ〜」とのことほほ。

その他行ったパブとかレストランで覚えているのは、

  • The 21st Amendment
    • ビアレストラン
    • SFジャイアンツのゲーム終了直後で混んでたけどビールうまかった。缶のデザインも渋い
    • 食べ物のオーダーをどうやればいいのか分からず、お店の人にきいたらバーカウンターの中にいるバーテンに注文するとのこと! 分からんて。。
    • brew_free_or_die_ipa
      BREW FREE! OR DIE IPA
  • Tad’s Steakhouse
    • サンフランシスコのユニクロの反対側にあるステーキハウス。
    • アメリカらしいドカーンと大きなステーキを期待してたんだけど、ぜんぜん小ぶりでがっかり。観光旅行者向けって感じ。
  • Pancho Villa Taqueria
    • 夜中に腹が減ったんで行ったメキシコ料理屋さん
    • カウンターで肉とか野菜とか選ぶんだけど、どれがなんなのかさっぱりだったのでお店の人におまかせでタコスをば。とりあえずうまかったのは覚えてる
  • Super Duper Burger
    • ダウンタウンのハンバーガー屋さん
    • うまかったけど、値段もけっこうした記憶が。。
  • Mikkeller
    • おされなビアバー。
    • なんでこんな綴りなんだろうと思ったらデンマークのマイクロブルワリーらしい
    • 内装はすんごいおしゃれでビールの種類が何十とあって選ぶのに困る
    • でも外は浮浪者がいたりしてなかなか貧富の差を感じさせるw

WordCampまでたどり着かなかったなw。続きは明日(ひとりでアドベントカレンダーやってるとこの辺が柔軟にできて(ごまかせてw)いいわぁ)。