WordCamp San Francisco 2014 Code of Conduct (行動規範)の訳

WordCamp San Francisco 2014のサイトにCode of Conductがあったのを見つけたので、訳してみました。

Code of Conductとは「行動規範」のことで、オープンソース界隈ではUbuntuのものが有名です。

内容は本当に「当たり前のこと」ですが、差別を受けた(受けている)側の人たちにとっては心強いものでしょうし、いろいろな国の様々な文化的背景を持つ人たちが協力して何かをする場合、ある種の拠り所となるものだと思います。

Continue reading

WP-CLI のバージョン0.17 が一週間も前にリリースされてたのに気付いてなかったよおおおお。。

WP-CLI のバージョン0.17 が一週間も前にリリースされてた。。。

IFTTTに登録してたと思ったのにしてなかったようだ(´・ω・`)

なにやらみんなを「おおおー」とか「あああー」とか言わしめるたくさんの機能の拡張があるらしいぞよ。

速くなった!

テストでは大きなデータベースでwp search-replaceを使ったときに8-12時間かかってたのが、20分で終わったとのこと!

詳細は元の投稿をご覧くだされ

言語管理

WordPress 4.0で導入された言語パックの個別導入に対応したとのこと。

wp core language list (or install or activate)

のコマンドが追加された様子。

詳細は元の投稿をご覧くだされ

アップデートのチェック

v0.17.0 ではアップデート確認用のコマンドが2つ、WP-CLI用とWordPressコア用が追加されたとのこと。

詳細は元の投稿をご覧くだされ

php-cli-tools v0.10.0/1

WP-CLIでも利用しているphp-cli-toolsのメンテナンスを引き継いだとのこと。

詳細は元の投稿をご覧くだされ

その他

ええっと、詳細は元の投稿をご覧くだされw。

WordPress 4.0からの管理画面のプラグインインストーラーに表示されるようになったプラグインアイコン機能がプラグインディレクトリに導入されたのでそれの紹介

タイトル長いな。

WordPressのコアの実装に関するあれこれを紹介するMake WordPress Coreブログでちょっと前に「Introducing plugin icons in the plugin installer – プラグインインストーラーのプラグインアイコンの導入」という投稿があったので、かいつまんでご紹介。

Continue reading

Query Monitor プラグイン – アクション/フィルターフックに登録されている関数を表示してくれたりするプラグイン

テーマの修正で、あるフックになんの関数が登録されているかを調べるのにNetBeansではそのフック名でテーマフォルダ以下を検索してるのだけど、そのフックがinitとかだと関係ないのまで検索されちゃったりしたりなど、ちょっとめんどくさい。

Continue reading