WordPressの公式アイコンフォントのDashiconsの使い方

宮さんが「ういーっす。Dashicons in WordPress 3.9の日本語訳はないの〜?」って言ってたので訳そうと思ったんだけど、Dashiconsの使い方そのものの日本語訳が見つかんなかったんで、ついでにご紹介。

Dashicons」はWordPress 3.8から導入され、先日リリースされ、3.9でさらにいくつか追加されたWordPressの管理画面で使われている公式のアイコンフォントで、

こんなようなやつです。

テーマで使うには

functions.phpに以下を追加して、

add_action( 'wp_enqueue_scripts', 'themename_scripts' );

function themename_scripts() {
    wp_enqueue_style( 'themename-style', get_stylesheet_uri(), array('dashicons'), '1.0' );
}

スタイルシートで、適用したい要素の擬似クラスに以下のようにします。

.paintbrush-link:before {
    font-family: "dashicons";
    content: "\f100";
 }

content: "XXXXX";XXXXX
http://melchoyce.github.io/dashicons/
で希望のアイコンをクリックしてから上の「Copy CSS」をクリックすると取得できます。

参考: Using WordPress 3.8′s dashicons in your theme or plugin

記事等のコンテンツ内で使うには

functions.phpに上述のコードを追加したら、投稿エディター内等で

<div class="dashicons dashicons-admin-media"></div>

のように入れると表示されます。

この「dashicons-admin-media」等にアイコンが割り振られていて
http://melchoyce.github.io/dashicons/
で希望のアイコンをクリックしてから上の「Copy HTML」をクリックすると希望のクラス名を取得できます。

カスタム投稿タイプのメニューアイコンとして使うには

// Register a new custom post type named &quot;Portfolio&quot;
register_post_type('portfolio', array(
 'public'    => true,
 'menu_icon' => 'dashicons-portfolio',
 'label'     => __( 'Portfolio', 'local' ),
);

のように’menu_icon’で希望のアイコンのCSSクラス名を指定します。クラス名は
http://melchoyce.github.io/dashicons/
で希望のアイコンをクリックしてから上の「Copy HTML」をクリックして取得できるhtmlのdivの2つ目のクラスがその該当のクラス名です。(これの一覧はどっかにないのかな?)

参考: Using Dashicons For Custom Post Types

NetBeansのプロジェクトウインドウのプロジェクト名横にGitブランチ名を表示させる

以前はNetBeansのプロジェクトウインドウのプロジェクト名の横にGitブランチ名が表示されてたような気がするんだけど、いまは表示されてないなぁとふと気づいた。

how_to_show_git_branch_name_1

設定を確認したら、やっぱり表示でけた。

メニューの「表示」→「バージョン・ラベルを表示」を選択。

how_to_show_git_branch_name_2

すると、こうなる!

how_to_show_git_branch_name_3

Fabricのドキュメントの訳を誰か手伝ってくれんかのう。

去年の暮くらいからFabricのドキュメントを訳してるんだけど、だれか手伝ってくれんかいのう?

Fabricというのは山口有由希さんが東京で働いてる会社(はFablic)、じゃーなくて、

FabricはPython (2.5以上) のライブラリで、アプリケーションのデプロイメントやシステム管理タスクのための SSH の利用を効率化するためのコマンドラインツールです。

https://dl.dropboxusercontent.com/u/135628/fabric-docs-ja/index.html

翻訳はSphinxの国際化機能を利用していて、訳文はWordPressでもおなじみの.poファイルで管理してます。.poファイルはGithubの以下に置いてます。

で、この.poファイルからビルドしたhtmlはとりあえずDropboxの以下に置いてます。

いちおうTransifexにも置いてみたんだけど、重いです。_| ̄|○

もちろん、翻訳終わったら元のFabricプロジェクトにプルリク送って、取り込んでもらおうと目論んでます。

もし手伝ってくれるという奇特な方wがいらっしゃいましたら作業の重複を避けるため、上記GitHubでイシュー立てるか、@tekapo 宛にTwitterでつぶやいてくれたりしちゃったりしてくれると助かります。

よろしくお願いします。m(__)m

WP-CLIのインストール方法が変わってた。。。

WP-CLIのインストール方法がいつの間にか変更されてたので「WP-CLIの使い方: その壱 – インストールと簡単な使い方の例」を更新した。

Command line interface for WordPress | WP-CLIのトップページやAlternative Install Methodsを見るとComposer版は非推奨となり、.pharが標準になったようだ。

Homebrewを使ってる人は

brew tap josegonzalez/homebrew-php
brew install wp-cli

で。

前のComposer版からHomebrew版にする場合はホームディレクトリの.wp-cli/を削除しないと、こっちの古いほうが優先されるのでご注意。